日焼けや色素沈着

レーザー脱毛の注意点として最初に確認しておいて欲しいのが日焼けです。レーザー脱毛は、毛乳頭のメラニン色素に反応していきます。メラニン色素は黒や茶色ですので、日焼けによって皮膚が日焼けしてしまったような場合には、本来であれば毛乳頭にダメージを与えるレーザーの光が、皮膚に幾分か吸収されてしまいますので、正常な脱毛効果を得る事ができなくなってしまうのです。

また、脱毛直後は、肌にダメージがあるような状況になっておりますので、レーザー脱毛直後に日焼けをしてしまうと炎症を起こしてしまいやすくなり、色素沈着やシミが出来やすくなるといったリスクが高くなります。特に夏などは、海に行く前にレーザー脱毛をしてしまおうと思っている方も多いのですが、肌が弱まっている状態ですので海で水着になるのは難しいと言えます。

日焼けでなくとも、カミソリや毛抜きは色素沈着する原因にもなります。特に長年セルフ脱毛をしているような場合には、色素沈着してしまっているケースが多いので、レーザー脱毛は非常に効果的な脱毛方法なのですが、色素が沈着してしまっているような場合には、せっかく脱毛しても思うような効果を得られない可能性があるのを事前に注意しておかなければいけません。